土地売却時の失敗例

土地売却土地の売却というと中々馴染みのないもの、どこか自分とは違う世界の話、と思えるかもしれません。普段から不動産関係の知識がある方ならば問題ありませんが、例えば何らかの譲渡や遺産相続で土地を入手し、その土地を売却する必要に迫られた場合に売却方法や手続き方法がわからずに、結局安値で売った後にもっと高く売れたことを知り、後悔する事例も耳にしたことがあると思います。土地をどのようにして手放したら良いかわからず、使用してもいない土地に高額な固定資産税を支払いつつ所持していることに不満をお持ちの方をご存知かもしれません。

基本的には土地売却は不動産会社が仲介する方法と、不動産会社が買い取る方法の二種類になります。不動産会社が買い取る場合、土地の名義は不動産会社へ変更されることになります。急いで土地を売却する必要がある時には便利な方法ですが、売却価格は仲介する時よりも安価になることが一般的です。また、土地を売却する際には仲介手数料や税金等の諸費用がかかり、それらを差し引いた額が手元に入ることになるため、それらの出費を想定した上で土地の売却価格を判断するべきでしょう。

素人目にも利用価値のないと判断できる土地もあり、そのような土地に買い手がつかないことや安く売却されることは仕方がありませんが、利用価値が見込める都市部の土地であれば価値相応の価格で売却を望むことは当然でしょう。このサイトでは土地売却について解説しています。出来るだけ高値で土地を手放したい方はぜひ参考にされて下さい。


関連記事