査定サイトの利用方法

サイト

土地以外にもマンションや一戸建てにも利用できる査定サイトは非常に便利です。不動産査定サイトに売却したい土地の住所を入力し、お名前や電話番号、メールアドレスといったお客様の情報を入力すると、該当する土地の取引を希望する複数の不動産会社から連絡があり、土地の売却価格を提示されます。後はお客様ご自身でご希望の不動産会社とやり取りをして、詳細な売却手続きを行っていくことになります。

不動産査定サイトで算出された売却価格はあくまで概算であり、実際の土地の状態によっては手数料や整備に予想以上に費用がかかり、実質的な売却価格が下がる場合もあります。価格だけでなく、土地売却に伴い発生する費用や、土地売却を急ぐ場合に手続きのスムーズさについても気をつけて不動産会社を選ぶと、良い結果が得られるでしょう。査定サイトの利用は基本的には無料で、中には契約する不動産会社以外の会社にお断りサービスも含まれる査定サイトもあります。

値段と現物が大きいだけに不動産の売買は時間と根気が必要になりますが、今はその手間を肩代わりしてくれるサービスが存在しています。そのサービスを上手に活用して、お手持ちの土地をより高額の金銭に変えて、その後の生活を豊かに過ごして頂きたいと思います。


関連記事

土地の需要と供給

高値での土地売却を検討されているのであれば、相場を把握した上で複数の不動産会社に査定をお願いすることをお勧めします。特に市街地や学校・病院の近くにある、市場価値が高いと思われている土地であれば、不動産会社同士の競争原理が働き、お客様から自社に土地を売りやすくするために売却価格を上げていく可能性は高くなります

土地一口に「土地」といってもその形態は様々です。同じ不動産会社でもAの会社は売却したい土地の売買には向かない形態の会社だったために売却価格を低く提示されても、別のB社ではその土地の売買に強いのでA社以上の金額を提示され、更に別のC社では需要もあったのでB社以上の高値を提示される、ということも稀ではありません。複数の不動産会社に土地売却に関する査定をお願いした上で売値を比較検討してから売却手続きに移る手間がかかりますが、その手間をかけるだけの価値は十分に見込めます。

しかし、不動産会社に対して実際に出向き、査定をお願いするのは中々大変な作業です。移動手段に乏しい方や忙しい時、土地を早急に処分したい場合は尚更でしょう。そのような時に便利なのが、複数の不動産会社にインターネット経由で査定をお願いする査定サイトです。


関連記事

土地の相場を確認する

出来るだけ高値での土地売却をお望みの場合に確認しておきたいのは、売却したい土地の相場です。土地の相場をご存じなければ、本来高額な土地を必要以上に安く売却し、本来受け取るべき利益を消失させてしまうことや、本来の価値以上の価格で提示したことで買い手がつかない、という事態を回避しやすくなります。

相場土地の相場の判断材料になるのは、国土交通省の地価公示と各都道府県が行う地価調査、国土交通省が不動産購入者に対して購入価格のアンケートを取った結果になる不動産取引価格情報検索になります。これらは関係する省庁に出向いて確認することだけでなくホームページに公開されており、誰でも閲覧が可能です。近隣の地価公示や価格調査を調べることで、売却希望の土地の大まかな相場を確認することが出来ます。それを元に交渉していきましょう。

また、周囲の情報に敏感になることも大切です。付近で再開発や道路拡張が行われると、お手持ちの土地の買取が地方自治体や企業によって行われる場合があります。この場合は相場より高値での取引になることが多いです。相場の価格で土地売却を急ぐよりも、再開発や道路拡張の範囲に土地が含まれるかを確認した上で取引に関する話が先方から来るのを待つのが得策です。


関連記事

土地売却時の失敗例

土地売却土地の売却というと中々馴染みのないもの、どこか自分とは違う世界の話、と思えるかもしれません。普段から不動産関係の知識がある方ならば問題ありませんが、例えば何らかの譲渡や遺産相続で土地を入手し、その土地を売却する必要に迫られた場合に売却方法や手続き方法がわからずに、結局安値で売った後にもっと高く売れたことを知り、後悔する事例も耳にしたことがあると思います。土地をどのようにして手放したら良いかわからず、使用してもいない土地に高額な固定資産税を支払いつつ所持していることに不満をお持ちの方をご存知かもしれません。

基本的には土地売却は不動産会社が仲介する方法と、不動産会社が買い取る方法の二種類になります。不動産会社が買い取る場合、土地の名義は不動産会社へ変更されることになります。急いで土地を売却する必要がある時には便利な方法ですが、売却価格は仲介する時よりも安価になることが一般的です。また、土地を売却する際には仲介手数料や税金等の諸費用がかかり、それらを差し引いた額が手元に入ることになるため、それらの出費を想定した上で土地の売却価格を判断するべきでしょう。

素人目にも利用価値のないと判断できる土地もあり、そのような土地に買い手がつかないことや安く売却されることは仕方がありませんが、利用価値が見込める都市部の土地であれば価値相応の価格で売却を望むことは当然でしょう。このサイトでは土地売却について解説しています。出来るだけ高値で土地を手放したい方はぜひ参考にされて下さい。


関連記事