土地の需要と供給

高値での土地売却を検討されているのであれば、相場を把握した上で複数の不動産会社に査定をお願いすることをお勧めします。特に市街地や学校・病院の近くにある、市場価値が高いと思われている土地であれば、不動産会社同士の競争原理が働き、お客様から自社に土地を売りやすくするために売却価格を上げていく可能性は高くなります

土地一口に「土地」といってもその形態は様々です。同じ不動産会社でもAの会社は売却したい土地の売買には向かない形態の会社だったために売却価格を低く提示されても、別のB社ではその土地の売買に強いのでA社以上の金額を提示され、更に別のC社では需要もあったのでB社以上の高値を提示される、ということも稀ではありません。複数の不動産会社に土地売却に関する査定をお願いした上で売値を比較検討してから売却手続きに移る手間がかかりますが、その手間をかけるだけの価値は十分に見込めます。

しかし、不動産会社に対して実際に出向き、査定をお願いするのは中々大変な作業です。移動手段に乏しい方や忙しい時、土地を早急に処分したい場合は尚更でしょう。そのような時に便利なのが、複数の不動産会社にインターネット経由で査定をお願いする査定サイトです。


関連記事